【江東区】無制限のポケットWiFiならWiMAXで決まり【キャッシュバックあり】

東京都江東区でも使えるポケットWiFiをおさがしですか?

ポケットWiFiと言えば種類も多く、料金が複雑でどれを選んでいいのかわからない方も多いですよね。

そこで実際にポケットWiFiを比較して探してみました。

ポケットWiFiならWiMAX!!
  1.  無制限で使える!1日の上限もなし!
  2. ルーター代金が完全無料の0円!
  3.  最大23000円のキャッシュバック!

【江東区】おすすめのポケットWiFiはGMOとくとくbbのWiMAX!

WiMAXのポイント
  • 月額:2079円(1、2ヵ月目)4389円(3ヵ月目~36ヵ月目)
  • データ容量:無制限(スタンダードモード)
  • 下り最大通信速度:2.7Gbps
  • キャッシュバック:14000円~(時期で変動)

ポケットWiFiの中でも、容量を気にせず無制限で使えるのがWiMAXです。

WiMAXはUQモバイルで有名なUQコミュニケーションズが提供するサービスなのですが、他の代理店で契約することで、よりお得に契約することができます。

その代理店の中でもGMOとくとくbbでWiMAXを契約するのが最もかしこい方法であることがわかりました。

GMOとくとくbbの代表的なメリットを挙げると・・

  1. 月額料金が公式より安い(月額で約1000円違う)
  2. ルーター代金がタダ(公式は毎月ルーター代金がかる)
  3. キャッシュバックがもらえる(GMOが一番高い)

この条件だけでもWiMAXを契約するならGMOとくとくbbで契約しないとかなりもったいないです。

以下でより詳しくGMOとくとくbbのメリットをまとめてみました。

※キャッシュバックの額は時期によって変動するので確認をお願いします。

【江東区】ポケットWiFiはGMOのWiMAXがおすすめな9つの理由

GMOのWiMAXがおすすめな理由
  1. エリアが広い
  2. データ容量が無制限
  3. 通信速度が速い
  4. 月額料金がキャリアより安い
  5. キャッシュバックがもらえる
  6. ルーター代金がタダ
  7. 工事が不要
  8. auスマホとuqモバイルは割引あり
  9. 万が一ののりかえも違約金タダ

江東区でもWiMAXはエリアが広い

WiMAXは東京都江東区を含め全国人口カバー1億人を突破するほどエリアが広くなりました

そのため、自宅はもちろん、屋外やカフェでも気軽にWiMAX(ポケットWiFi)を使うことができます。

しかし山間部など一部地域ではエリア外になっている場合もあるので、まずエリア確認をしておく必要があります。

江東区であれば基本的にWiMAXのエリア内ですが、もし普段使う場所がエリア外だと検討する必要もなくなってしまうのでまずはエリア確認をすませておきましょう。

※スタンダードモードで確認し、色がついていれば無制限エリア内です。

>WiMAXの江東区エリア確認はこちらから

データ容量が無制限

WiMAXの特徴はデータ容量が無制限であることです。

以前のWiMAXは3日で10GBを超える通信を行うと通信制限がかかっていました。

しかし5Gのエリアが拡大したことにより、3日で10GBという制限がなくなり、容量を気にせず動画やインターネットを楽しむことができるようになりました

もちろん1日〇ギガという上限もありません。

公式サイトによると、エリアの混雑状況によっては速度を制限される場合もありますが、無制限のポケットWiFiといえばWiMAXといえるでしょう。

通信速度が他社に比べて速い

WiMAXはポケットWiFiの中でもトップクラスの通信速度を誇ります。

その速度はなんと下り最大2.7Gbpsです。

一般的な家の光インターネットでも下り最大1Gbpsなので、圧倒的に速いことがわかります。

ただしあくまで理論上の数値なので2.7Gbpsという通信速度は出ませんが、数値が速いに越したことはありません。

月額料金がキャリアより安い

ポケットWiFiはドコモはもちろん、ソフトバンクやauでもサービスを提供しています。

しかしはっきりいってキャリアのポケットWiFiは高すぎて契約する気になりません。

実際に比較してみましょう。(2022年時点)

  月額 容量
WiMAX(GMO) 2079円~4389円 無制限(一部15GB)
ドコモ 7315円 無制限
ソフトバンク 5280円 50GB
au 5458円 無制限(一部15GB)

みてわかるとおり、GMOのWiMAXは圧倒的に安く、最低でも1000円ほど安いです。

さらにキャッシュバックまでついてくるので、実質的な月額料金はもっと安くなります。

料金を比較すればWiMAX一択であることがわかります。

キャッシュバックがもらえる

様々なポケットWiFiがあるなかで、一番高額なキャッシュバックをもらえるのがGMOのWiMAXです。

キャッシュバックの額は時期によって変動しますが、2022年4月時点では最大23000円のキャッシュバック額です。

  • 新規契約・・・14000円
  • のりかえ・・・23000円

キャッシュバックをもらう方法については下でも詳細をまとめていますが、余計なオプションに加入することなくキャッシュバックをもらえる点もGMOのWiMAXがおすすめな理由の一つです。

ただし、キャッシュバックを受け取るには限定サイトからの申し込みが必要なのでそこだけ注意しましょう。

ルーター代金がタダ

GMOのWiMAXは20000円相当のポケットWiFiルーターがタダでもらえます

しかも最新機種です。

他社のポケットWiFiやWiMAXだと、毎月ルーター代金の支払いが別途かかるか、最初に一括で支払う場合がほとんどです。

GMOのWiMAXだと毎月のルーター代金は当然かかりませんし、万が一途中解約したときもルーター代金を請求されることは一切ありません。

ポケットWiFiルーターがタダである時点で、GMOのWiMAX以外を選択するのは正直もったいないです。

工事が不要

WiMAXはルーターが届いたその日にインターネットにつなぐことができます

GMOのWiMAXであれば平日だと15時30分、土日祝だと14時までに申し込めば最短即日発送で翌日には届きます。

ポケットWiFiでもホームルーターでも同じです。

  1. ルーターに電源を入れる(ホームルーターはコンセントに差し込む)
  2. SSIDにパスワードを入力

利用方法はたったこれだけ。

もし自宅の回線を何にするか迷っていたら、WiMAXが手軽でおすすめです。

auスマホとuqモバイルは割引あり

WiMAXを契約すればauスマホ、もしくはuqモバイルの月額が安くなります。

  • auスマホ・・・最大1100円割引
  • uqモバイル・・最大858円割引

スマホ側での特定のプランに限りますが、割引が適用されればかなりラッキーです。

WiMAX契約後にauショップかuqショップに連絡することで割引が適用されるので簡単です。

万が一ののりかえも違約金タダ

「GMOのWiMAXを契約したけど、全然ネットにつながらなかった・・・」

そんな時は、ドコモ光やauひかり、GMO光アクセスに違約金0円で乗り換えができます。

のりかえ先は家の固定回線にはなってしまいますが、家のインターネットの代わりにWiMAXを契約した方はとても安心な制度です。

逆に言えば家のインターネットを検討している方は、工事不要で持ち運びも可能で、料金も安いのでWiMAXを検討するのがベストです。

【注意点】WiMAXのデメリット3つ

WiMAXを契約する前にデメリットも知っておく必要があるのでまとめてみました。

WiMAXのデメリット
  1. キャッシュバックを見逃さないように注意
  2. 途中解約は違約金あり
  3. プラスエリアモードは容量の上限あり

キャッシュバックを見逃さないように注意

GMOとくとくbbのキャッシュバックは見逃してしまう人が多くいます。

しかし事前に注意点を把握しておくことで、キャッシュバックの見逃しを避けることができます。

キャッシュバックを受け取る流れ
  1. 端末発送月を含む11ヶ月目にキャッシュバックのメールが届く
  2. 申込時に新規で作成した基本メールアドレス宛に届く
  3. メールに記載されたURLから振込口座の登録

もともともっているメールアドレスではなく、GMOで作った新規のメールアドレスに届く点に注意してください。

新規のメールはGMOのサイトからログインし確認することができます。

また、キャッシュバックのメールはいろんなメールの中に混じっている場合があるので、キャッシュバックの時期が近付いたらメールのチェックを忘れずに行うようにしてください。

途中解約は違約金あり

WiMAXは3年契約です。

途中解約した場合は違約金がかかります。

違約金

1~12ヶ月目までの解約:20,900円(税込)
13~24ヶ月目までの解約:15,400円(税込)
25ヶ月目以降、契約更新月以外の解約:10,450円(税込)

解約金は高いイメージがありますが、他社のWiMAXでも違約金はかかります。

解約する場合は更新月に解約するようにしましょう。

プラスエリアモードは容量の上限あり

WiMAXのエリアはかなり広がりましたが、山間部などは特にエリアが届いてない場合があります。

そんなときスタンダードモードからプラスエリアモードに切り替えることによって、より広いエリアで通信することができるようになります。

しかしこのプラスエリアモードは無制限ではなく15GBという上限があり、制限を超えた月は速度制限にかかってしまいます。

改善策は普段使うエリアがWiMAXのスタンダードモードのエリアに入っていることを確認しておくことです。

そうすればプラスエリアモードを多く使う機会も減らすことができます。

WiMAXを申し込むうえでの流れとポイント

ルーターはどれを選んだほうがいい?

2020年4月時点でGMOで手に入るルーターは2種類。

  • Speed Wi-Fi 5G X11・・・2.7Gbps
  • Galaxy 5G mobile Wi-Fi・・・2.2Gbps

シンプルに通信速度が速い「Speed Wi-Fi 5G X11」を選んでください。

GMOとくとくbbでは最新のルーターが出るたびに、もらえるルーターが新しいものに変わっていきます。

申し込んだ時点で一番最新で通信速度の速いものを選ぶのがおすすめです。

クレードルは必要?

クレードルとは画像のようにルーターを置くための台です。

用途としては充電器の役割を果たし、有線LANをつなぐこともできます

しかし、クレードルがなくても充電はできますし、インターネットも繋ぐことができます。

わざわざ申し込む必要はありません

ネットでも購入することができます。

安心サポートは必要?

安心サポートは、万が一ルーターが故障した場合の保証制度です。

  • 安心サポート(330円)・・・故障の修理が無料
  • 安心サポートワイド(550円)・・・水濡れや破損の場合の修理も無料

GMOとくとくbbは安心サポート330円が最大2ヵ月無料です。

入るかどうかは個人の判断にはなりますが、私は入る必要はないと思っています。

理由は、実はメルカリなどにWiMAXのルーターは売ってあるので万が一の時はそちらで買ってもいいからです。

GMOのWiMAXがおすすめな人

  • 安いポケットWiFiを探している
  • キャッシュバックが欲しい人
  • ルーターを0円でもらいたい人
  • 無制限で使えるポケットWiFiが欲しい人
  • 長い期間ポケットWiFiを使いたい人(短期の人はWiFiレンタルがおすすめ)

こんな方はGMOのWiMAXを検討してみましょう!