リクシルの洗面台【ピアラ】の感想・レビューとメリットデメリット!

我が家は戸建てをたてる際、洗面台にリクシルの「ピアラ」を選びました。

現在注文住宅やリフォームを検討している方の参考になればと思い、リクシルの「ピアラ」を使った感想・レビューをまとめてみました。

また、2019年3月にリニューアルしたようなのでモデルチェンジした部分もまとめています!

リクシルの洗面台「ピアラ」の特徴(旧ピアラ)

広々、平らな洗面器

「広々、平らな洗面器」はメインの洗面器の部分。

底面が平らになっており、付け置きしたい場合やバケツなどが置きやすいのが特徴です。

子どもの汚れた服や食べこぼしたエプロンなど付け置きする時にとても便利ですね。

新 てまなし排水口

「新 てまなし排水口」は、お掃除など手入れが楽になるように取り外しも簡単な排水溝となっています。

洗面台の排水口は、すぐゴミが溜まるので、お手入れ楽なのはとても助かります。

壁掛け水栓

「壁掛け水栓(蛇口)」は壁に直接水栓がついているので、水栓の土台部分まわりにたまりやすかった水がたまらないので、汚れにくいのが特徴です。

水栓周りに水が溜まり、水垢ができたり、ゴミが溜まったりすると掃除もしにくいので、汚れにくい壁掛け水栓はとても魅力的ですね!

エコハンドル

「エコハンドル」とは、水とお湯を調整するハンドルのこと。

水を出すときの位置が正面にきているので、無駄にお湯を出すことがなく節約になるのが特徴です!

旧ピアラと新ピアラの違い【リニューアルした点】

2019年3月にリニューアルした「ピアラ」ですが、大きく変わったのは、水栓です。

壁掛けなのは変わりません。

形状がスタイリッシュなデザインで、使いたい位置にくるりと回せる水栓になりました

もう一つは、収納です。

デッドスペースが収納スペースにすることができるようになり、収納がグレードアップしました。


リクシルの洗面台「ピアラ」の感想・レビューとメリットデメリット(旧ピアラ)

メリット1、水栓周りの汚れがほぼない

我が家がリクシルの「ピアラ」を選んだ一番の理由は、この水栓周りの汚れの少なさです。

壁掛け水栓なので、水が溜まらず水垢やピンク汚れは全くと言っていいほどありません

毎日、掃除したり、水栓周りを拭き取ったり全くしてないので、こんなに汚れないのは驚くくらいです。

メリット2、洗面器が広くて使いやすい

我が家は、ピアラw750の洗面台です。間口が750mmあります。

汚れた服など洗う時も広々しているので、洗いやすいです。

また、子ども二人が横に並んで手を洗ったり、歯磨きしたりすることもできるので、朝の忙しい時間の時は助かります。

メリット3、エコハンドルで節約になる

エコハンドルのおかげで、無駄にお湯を出すことはありませんでした。

子どもも正面の位置からハンドルを引くので、省エネになりとても助かります。

デメリット1、排水口の汚れ

排水口のゴミをキャッチし、取り外しもできるのでいいのですが、汚れがすぐ溜まります。

排水口まわりもすぐに汚れてくるので、この部分はこまめな掃除が必要になってきます。

また、ゴミをキャッチしたものを取り除くのが、取りにくくて大変なのがデメリットです。


リクシルの洗面台「ピアラ」を利用しての感想のまとめ

  • 壁掛け水栓で水栓周りが汚れにくい
  • 洗面器が広く、2人同時でも使える
  • 無駄にお湯を出さないハンドルになっていて省エネ

我が家は、賃貸の時、立ち上がった水栓でその周りがいつも汚れっぱなしだったので、水栓は壁掛けがいいと思い「ピアラ」を選びました。

「ピアラ」は水栓以外にも洗面器が広くて使いやすかったり、ハンドルが省エネ設計されたつくりになってたりと、メリットがとても多いです。

リクシルの「ピアラ」を使っていて、汚れにくく、掃除がしやすいので選んで正解だったと思います。