目黒蓮さんが悔しかった過去を話す「目黒いらない」受け止められなかった!?!辞めないでいてくれてありがとうの声!

この差って何ですか?」に目黒蓮が初単独バラエティー出演しました。

番組内で昭和の歌と自分の過去の話を照らし合わせていました。

その過去の話(めめの話)でジャニーズジュニア時代を語っていました。

  • 目黒蓮が昭和の歌を聞いて思い出したこととは!?
  • 目黒蓮が悔しかったこととは!?
  • 辞めないでくれてありがとう!?

気になることをまとめてみました。

目黒蓮さんが悔しかった過去を話す「目黒いらない」受け止められなかった!?悔しい思い出!

目黒蓮が昭和の歌「ファイト」を聞いて思い出した過去とは!?

中島みゆきさんの「ファイト」という曲について番組で紹介されました。

「ファイト」という曲は、実は、「5人の苦悩が描かれている」とのことでした。

なので、「ファイト」にでてくる登場人物に自分を置き換えることができるのです!

目黒蓮さんが注目した歌詞は、2人目の歌詞でした!

少年たちの眼が年をとる

悔しさを握りしめすぎた

こぶしの中 爪が突き刺さる

加藤が自分の手の平に爪が突き刺さるぐらい握っているって悔しさが出ているよねと発言。

すると、目黒蓮さんが話し出します!

ジャニーズJr.時代のことを思い出す!

目黒蓮さんは、中学2年生でジャニーズジュニアに入っています!

目黒蓮さんの悔しかった過去とは、次のようなことでした。

先輩のバックにつけるときに、「目黒いらない」と言われ選ばれなかったこと。

先輩のバックで踊るメンバーを決める時の話のようでした。

悔しかったが、今となってはいい思い出・・・

大人の人たちの会話でジュニアの○○、○○と言ってるなかで「目黒いらない」という声が聞こえてしまったようです。

直接言われたわけではなくても、「いらない」という言葉はかなりきついですね・・・

目黒蓮さんも、「ピュアな気持ちでは受け止めきれなくて」と話していました。

すごく悔しかった」と話した後、「今となってはいい思い出」と話していました。

確かに、それがあったから今があるんですね!

ネットでの反応!

  • この言葉がなければ今の目黒蓮もいなかったかも
  • 目黒いらないって言われても諦めずに悔しさをばねに頑張ったから今のめめがいる
  • 辞めようと思った経験を乗り越えて辞めないでくれてありがとう

目黒いらない」という言葉で、ここまで頑張れたのかもしれないですね!

本当今の目黒蓮さんがいるのも、今まで頑張ってきた証だと思います。

目黒蓮が悔しかった過去を話す「目黒いらない」受け止められなかった!?のまとめ

ファンの中では、目黒連の「目黒いらない」という悔しかった話は知っているようでした。

番組内で話をしていて本当に悔しかったんだなというのが分かりました。

今となってはいい思い出と言えるまで、かなりの努力をしてきたと思います。

本当に辞めないでくれてありがとうという気持ちになりますね!

これからも活躍していってほしいです!